濃い見込み客の名刺獲得を実現するための、一風変わった集客手法

特別セミナー
【集客・営業アイデア101】

・ほとんどの中小企業展示ブースでは、ブースのスペースいっぱいに自社商品を陳列し、見込み客の注意を引こうとしている。展示会期間、スタートから終了までずっと同じ感じ。

・これは以前からお話しているように、商品を並べただけでは見込み客の注意を引くことは難しい。なぜなら、あなたの見込み客になり得る方達は、購入レベルにはまだ至っておらず、情報収集レベルの段階だったり、自分の不安悩みを解決できる糸口、アイデア、ヒントがどこかにないだろうか?というアンテナを張り巡らせて展示ブースを回っているから。

・出展社は、商品をもっと見てもらいたい。(あわよくばすぐに商品を買ってもらいたい。と思っている。)
しかしながら、来場者は購入を検討するレベルには至っていない。ここに出展社と来場者の間に大きな溝が生まれてしまっている。これでは商談に近づく濃い見込み客を獲得することは難しいだろう。

・そこで私から1つ、以前実施した集客施策で、非常に良い結果が生まれた事例を紹介します。

この集客事例は、狙っていたターゲットの名刺獲得の数を大きく伸ばせたということだけではなく、名刺交換をした方々各々が、非常に濃い見込み客であり、すぐに商談に結びつき、売上獲得、利益獲得につなげることができました。

その非常に成果が出た理由、大きな成功ポイントは、これです。

これらの施策ポイントについて、この↓↓動画セミナーで解説をしています。

 

6月22日@名古屋 特別セミナー開催します
新規営業に悩む社長経営者の方へ
無料プレゼント!(登録無しですよ)