集客効果を望めるミニセミナーの作り方

特別セミナー
【集客・営業アイデア101】

僕は日々、展示会集客ディレクターとして、展示会前、展示会期間中、展示会後を1つのストーリー化して、濃い見込み客からの反応を得たり、売上に直結できるような、新規営業、新規顧客開拓を促すような施策アイデアを実践実行しています。
時には、自ら社長経営者さんの元で活動することもありますし、一営業マンとしての活動もすることもあります。

展示会というイベントを骨の髄までしゃぶり尽くす様に、使い倒してもらう、大いに活用して頂ければと考えています。

展示会という場をあなたはどう考えているか?

僕は常に、

展示会という場は、商品の展示として利用するのではなく、
見込み客と接する場として大いに活用すべきである。

主役はあなたの商品やサービスではなく、来場者である。

来場者の心の内に抱える感情、不安悩み怒り悲しみなどの気持ちを汲み取ることを考えていくことが、あなたの会社の展示会集客、新規営業、顧客開拓を行うにあたって非常に強力な要素になる。

ということをお伝えしています。

展示会では、競合他社が集まる中での出展になることも多いですので、
いかにして他社とは異なる見せ方、異なる視点を持った施策を取るということも
よく頭に置いておかなければなりません。

展示会は企業の新規顧客獲得活動、営業活動において莫大な予算を投じる大きなイベントでもあります。大きな投資にもなりますし、人的コスト、時間の拘束、様々な制作物の発注なども考えていきますので、いかにして自社にとって濃い見込み客になりうる人を集客し、売上に直結させる活動を行うかが重要なポイントになります。

展示会は見込み客を接する場である・・・と考えるならば、
いかにして見込み客になり得る方々の足を止めてもらうか。
興味を持って自社ブースに引き込まれていくように行動してもらうか。
名刺交換をしてもらえるか。
問い合わせをしてもらえるようにするのか。

これらをよく考えていきます。

そこで、あなたが今抱えているようなこれらの問題課題をクリアするために、
一つのアイデアをご提案します。

それが、

展示ブース内で「ミニセミナー」を行うことです
ミニセミナーはあなたの会社の説明でも、商品やサービスの説明でもありません。

その展示会に来場される方々の普段常日頃から抱えている不安悩み希望期待に沿ったテーマでセミナーを開催されると良いでしょう。
ミニセミナーは1回あたり10分~15分程が良いでしょう。
あまり長すぎても飽きてしまいやすいですし、短すぎると伝える内容が薄いものになってしまいやすいです。

展示会来場者の滞在時間が2時間程度と考えると、10分~15分自社ブースに立ち止まりセミナー内容を聞いてもらえれば印象にも残りやすくなります。

では、このミニセミナーをどんな構成で構築したらよいか、その大枠、骨組みをお話したいと思います。

この記事をご覧になっているあなたは普段から人前で講演をされていたり、社員や部下の方々へプレゼンをされることも多いかもしれません。
あるいは、営業部長、営業マンの方は、クライアントへの商品プレゼンを行う機会も多いかもしれません。

ちなみに僕は人前でお話することがそこまで得意ではありません。
得意ではないことを自覚していますので、予めお話する全体構成、骨組みをしっかり作ってからプレゼンに入ります。

クライアント、企業の展示会集客のサポートを行う際には、ミニセミナー用の運用台本を制作し、喋り手になる方へのレクチャーを行います。
だらだらと話をすれば良いというわけではなく、メリハリを持って、必要なことを必要なキーワード、表現を用いてお話をするということが来場者を飽きさせない、常に前のめりになって聞いて頂く環境を作ります。

それでは、効果的なミニセミナーを行うためには?

そのミニセミナーを成功させる、見込み客から興味を引く基本構成をお教えします。

ここでは一つ、サンプルの骨組みを紹介します。
この通りに構築して頂いても構いませんし、あなたの企業用に少しアレンジして頂いても構いません。

この動画ではあなたのサポートになれるよう、「トークスクリプト・文章例)」も紹介しています。
一言一句この通りでということではなく、ざっくりとした流れを紹介しています。
本当にシンプルですが、こんな構成でミニセミナーを組み立ててみることをオススメします。

これらの施策ポイントについて、この↓↓動画セミナーで解説をしています。

 

新規営業に悩む社長経営者の方へ
無料プレゼント!(登録無しですよ)
※最新レターは準備中です。