あなたのお客は「誰」なのか考えたことはありますか?

「既存客」と「新規客」、明らかな違いは何でしょう?

当たり前の質問かもしれませんが、飽きずにこの先をお読みくださいね。とても重要なことを説明しますので。
明らかな違いは、「あなたの商品やサービスを購入しているか、購入していないか」です。
「購入している」状態、とは、お客は硬い硬いお財布を紐を緩まして、
「あなただから買います」と言って購入してくれたわけです。商品を買ってくれたということは、あなたのことを「信頼」してくれた、ということなんです。

あなたの「既存客」は、あなたのことを「信頼」しているんです。新規客とは訳が違います。
それなのに、あなたのことを一度でも信頼したお客を蔑ろにするなんて、、、とても悲しいことだと思いませんか?

一度獲得した「信頼」を継続する。関係性を続けていく。「既存客」のフォローをし続けることで、またあなたから買いたい、と思ってくれるようにあなたも行動することが大切なんです。
もちろん新規集客も重要です。 しかし、、、コストをできる限りかけずに、まず売上・利益を増やしたい場合は、既存客との関係性を深めてリピートを促したり、新商品を販売する方がずっと簡単にできるでしょう。
もう一度、よく考えてみてください・・・。
一人のお客に対して1回購入してもらったら終わり、、、にしてはいませんか?

購入してもらった後のフォローはしていますか?フォローし続けていますか?

一回断られたからと言って、そのまま放置、なんてことはしていないでしょうか?

あなた自身がどんなにお客様は神様だと思っていても 職場でスタッフと「あのお客さん良かったよね、」と話していても、あなたが、お客への継続フォローを試みなければ、あなたの気持ちとは裏腹にお客はどんどん離れていってしまいます。

ここに、気付いてください。とてもとても当たり前のことのように思いますが、
日々活動を重ねる中で、もしかしたら疎かになってしまっているのかもしれません。
ここまで、あなたの商品やサービスを一度でも購入してくれた「既存客」はとても大切な存在であるということをお話してきました。「既存客」へのアプローチが、低リスク低コストで売上利益を獲得できることに直結するということを再度お伝えします。

では、「既存客」にフォーカスを当てていきましょう!

あなたの店舗でまずやるべきこと、「既存客」へのフォローです。
「既存客」、と一言で言ってもいろんな種類の既存客があるかと思いますが、
まずは、店舗にある”売上につながる原石”を集めてください。
その原石とはつまり、、、お客のデータです。

これらを全て、集めてみてください。

売上を上げるために、全てはここから始まります。
そして、自分にこの質問を問いかけながら集めてみてください。

「あなたのお客は誰なんだろう?」
「あなたのお客はどこのどういう人なんだろう?」
と。

 

・過去に一度でも購入していただいたお客、
・購入してから何年も経っているがリピートが無いお客、
・無料体験等で一度来店したことがあるお客

いろいろな状態のお客リスト、データがあるかと思います。

そこで目の前にあるデータを眺めながら少しだけ考えてみてください。

あなたのお客はどういう人、どういう悩みを抱えた人なのか、
どんな人が購入をしてくれたのか、
どんなお客がリピート受注から離れてしまっているか、

それが少しずつ見えてくるでしょう。

あのお客は良かった・・・あのお客には購入してくれなかった・・・満足してくれなかった…と嬉しい気持ち、苦い経験も思い起こされるかもしれませんが。。。
まずは集中してデータを集めましょう。

6月22日@名古屋 特別セミナー開催します
新規営業に悩む社長経営者の方へ
無料プレゼント!(登録無しですよ)